河川浄化ナノテクノロジー

どのような技術か?

珪藻のためのナノスケール&シリカべースの栄養素

河川浄化テクノロジーに使用されるのは、珪藻類のための、特許取得済みの3〜50 nmのナノシリカベースで12の必須栄養素を含む液体状栄養素製剤です。鉄とはじめとする重要な微量栄養素(Mn、Zn、Co、Cu、Mo、B、S、Ca、Mg、P、K)を含み、インドの最高原子力機関のBARCによって試験されています。微量栄養素なので、有害な影響はありません。

ナノサイズの栄養素が魚などの水生生物のための水質環境が改善される

このナノテクノロジーにより、水質(酸素需要の減少)を改善し、廃水や汚染された淡水、汽水、海水の栄養バランスを回復させるために使用されます。 静水にも流水にも使用できます。つまり、排水路、運河、河川、湖沼、湿地、湾や海岸で使用できます。 また、下水処理場や産業排水、油汚染などの支援策としても使用できます。

珪藻を育てる大きなメリット

珪藻は、南極の氷河からレンガの壁まで、惑星全体に見られる微視的な植物プランクトンです。地球上のすべての光合成の4分の1を占めています。珪藻はシリカ被殻を持っており、セルロース体を持つ緑藻類や青緑藻類などの他の藻類と異なります。青緑藻は動物プランクトンや魚には適していませんが、 珪藻は動物プランクトンの餌となり、動物プランクトンは魚の餌になります。珪藻は、シリカ被殻をもち、半透明なので、珪藻は夜明けから夕方過ぎて遅くまで光合成できます。そのため、水に溶けている酸素の量を増やす、水生生物の生存に大きく貢献します。

珪藻への栄養供給が養殖に必要な環境を整える

珪藻が増えると、魚に必要な酸素と餌が豊富になる。

汚染された水域に河川浄化ナノテクノロジーを適用すると、NおよびP、CO2を消費して光合成する珪藻に12の必須栄養素を運びます。 光合成により酸素が水に放出され、水域内の酸素需要(BoDおよびCoD)が急速に減少します。 したがって、人間の化学物質の放出によって歪んだ植物プランクトンの分布を修復し、アオコの漸進的減少と珪藻の増加が得られます。水中の溶存酸素レベルが高いほど、好気性環境を促進し、嫌気性プロセスにより発生するH2Sやメタンなどの有毒ガスの発生が抑制されます。 好気性細菌は、汚染物質をリンや窒素などの基本成分に分解し、それを珪藻が摂取します。
 つまり、珪藻は、水の溶存酸素量を増やして動物プランクトンや好気性バクテリアの生きやすい環境を作り、富栄養化による生態系の混乱の原因となる窒素、リンといった栄養塩類を取り込み、水環境を正常にすることができます。

河川浄化ナノテクノロジーを用いた水質改善・魚の増加

富栄養化は、赤潮やその死滅が招いた酸欠水が導く硫化水素生成による青潮などによる大規模な漁業被害をもたらし、湖沼では藍藻類の大繁殖によるアオコを生じさせます。河川浄化ナノテクノロジーを用いることで、以下の写真のように水質が改善し、水生生物に対して大きなメリットをもたらします。

ケース・スタディー1:Bahadurgarh Rural Pond at Laksar in 2014



ケース・スタディー2:Lodi Garden Lake, New Delhi



ケース・スタディー3:Rajpath Pond, New Delhi, India